お慶さんのおもてなし料理日記

料理屋さん気分で和食のおもてなし料理レシピを京都から配信します。行事食やパーティー料理、老舗の名店の味、もちろん普段の食事もあります。

ベーコンとエリンギのアーリオオーリオ

 

 こんにちは!



 昨日は、朝ええ天気やと思てたら、午後から急に雨が降りだして・・・。


 しかも物凄い雨


 あんな雨、久しぶりでした~ 。




 午前中、洗車をした夫は

 「せっかく車洗ろたのに~!」 とガッカリ




 しゃあないです・・・。




 買い物にも出られへんぐらいの雨やったので、昨日は冷蔵庫にあるもんで夕食を作りました。


 テレビでイタリアンのお店のメニューを見たので、パスタの口になっていました・・・


 




ベーコンとエリンギのアーリオオーリオ

P6290312.jpg


 ★材料(2人分)
 スパゲティ       200g
 湯              3L
 塩              大匙2杯

 ベーコン         2~3枚
 エリンギ         1パック
 水菜            適宜
 ニンニク         1片
 鷹の爪          2本
 オリーブ油       大匙3杯
 濃口醤油       小匙1強
 塩コショウ        少々
  
1 フライパンに大匙1杯半程度のオリーブ油と薄切りのニンニクを入れて火をつけ、弱めの中火でキツネ色になるまで炒め皿に上げておきます。

2 大きめの鍋に湯を沸かし、塩を入れてスパゲティを入れて底にひっつかないように混ぜ、袋の表示の茹で時間のやや早めの時間にタイマーをセットします。

3 ②を茹でてる間に ①のフライパンに適当な幅に切ったベーコン、縦に裂いたエリンギ、適当な長さに切った水菜の茎の部分、鷹の爪を入れ炒めます。

4 ②の時間が来たら1本取って硬さをみて、良ければ水気を切って③のフライパンに入れ、残りのオリーブ油、濃口醤油、スパゲティのゆで汁大匙2~3杯を加えて素早く混ぜ、味をみて足らなければ塩コショウで整えます。

5 ④を器に盛り、水菜の葉先の部分を乗せ、ニンニクを散らします。





 お皿を変えたらこんな感じです。

P6290316.jpg


 綺麗な色のお皿もええのですけど、やっぱり白いお皿のほうが映えますやろか?






 
 サラダは

 オイルサーディンと胡桃のサラダ

P6290317.jpg


 ★材料
 オイルサーディン     3~4本
 胡桃               ひとつかみ
 お好きな野菜        適宜
 (レタス、大根、水菜、トマトなど)

 ドレッシング
 オリーブ油           大匙2分の1
 ポン酢              大匙1杯
 塩、コショウ           少々

1 胡桃は皿に広げ、電子レンジに1分程度かけ、カリッとさせて適当な大きさに割ります。

2 お好きな生野菜を適当な大きさに切り(大根は細千切り)、3~4等分に切ったオイルサーディンと混ぜ合わせます。

3 ②を器に盛り、①の胡桃を乗せ、材料全部を混ぜ合わせたドレッシングをかけます。

 ● ドレッシングの分量は、野菜の量によって加減して下さい。





 今日は6月30日・・・「夏越の祓(なごしのはらえ)」の日で、京都の神社では1年の半分の日に半年間の汚れを祓い、無病息災を祈願する神事が行われます。



 それにちなんで、京都では水無月という和菓子を食べます。



 氷を模したういろうの上に、邪気を祓うという意味のある小豆を乗せた和菓子です。



 水無月を食べて、残りの半年の無事を願います。





 さあ、私も水無月買うて来う!



 ほな、今日はこのへんで。



 よろしゅうおあがりやす!

 




ブログランキングに参加しています。
励みになりますので、三箇所ポチッと応援よろしくお願いいたします。

レシピブログに参加中♪

パーティーレシピ ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://kerochan23.blog.fc2.com/tb.php/34-f42fb3bb

ランキング

ぽちっと応援お願いいたします。




レシピブログに参加中♪


パーティーレシピ ブログランキングへ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

jamkichi

Author:jamkichi
職 業:主婦 
出身地:京都市
血液型:AB型
家族 :夫、柴犬のジャム、近くに新婚の息子夫婦 

料理の事
 祖母や母の代から手料理でおもてなしという家庭で育ちました。半ば義務的な空気の中で、お料理に関しては、大好きという気持ちが7割弱、めんどくさ~いという気持ちが3割強、のツンデレ状態です。でも、綺麗に美味しく出来上がったとき、皆さんに喜んで頂いたときの快感が忘れられず、また頑張ろうと思うのです。やっぱりデレなのでしょうね。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログカテゴリ

  • 春のおもてなし料理(65)
  • 一品料理(28)
  • 夏のおもてなし料理(69)
  • 一品料理(44)
  • 秋のおもてなし料理(16)
  • 一品料理(9)
  • 冬のおもてなし料理(14)
  • 一品料理(7)
  • オールシーズン(23)
  • 普段の食事(459)
  • 和食(274)
  • 洋食(133)
  • 中華(43)
  • 行事食(21)
  • パーティー料理(44)
  • 外  食(64)
  • その他(120)
  • レシピ(706)
  • 具材・種類別(17)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック