お慶さんのおもてなし料理日記

料理屋さん気分で和食のおもてなし料理レシピを京都から配信します。行事食やパーティー料理、老舗の名店の味、もちろん普段の食事もあります。

湯葉とおネギのてっぱえ(酢味噌和え)  日本一!「上田とうふ」さんのお豆腐  昨日は京都づくし・・・  


 おはようございます!



 雨が降るそうで・・・

 なんかヌル~いです (-_-)




 昨日の晩ご飯 (・・・って言うかお酒のアテです)

PB130152.jpg

 手前のお豆腐がハレーション起こしてで見えません💦
 決して空っぽの器を置いてあるわけではありましぇん・・・・ (*_*;
 お豆腐におネギを乗せたらちゃんと撮れたんやろねぇ。





 この週末、

 叔母が亡くなったり、叔父が来たり・・・

 色々あって、昨日は一日ゴロゴロしてました。



 で、家にあったものでちょこちょこと・・・

 夫さんのビールのアテをパパッとです。



 
 先日、日本一のお豆腐を決める「全国豆腐品評会」で、

 見事「金賞」に輝いたお豆腐・・・

 上田とうふさんの「京白丹波大豆絹ごし」!


 母のところの近くのスーパーに売ってたんで早速買いました。

PB130131.jpg PB130130.jpg



 クリーミーでコクと甘味のある

 さすがに美味しいお豆腐でしたよ (^O^)



PB130132.jpg


 そやけど京都は美味しいお豆腐激戦区・・・

 他にも負けず劣らずのお豆腐はありますけど。。。



 伯方の塩「フルールドセル」

 大好きなお塩・・・「藻塩」でいただきました ヽ(^。^)ノ

 美味しかったで~す!!!




 湯葉とおネギのてっぱえ

PB130148.jpg


 上田湯葉さんの割れ湯葉を使こて・・・

 クルミを入れましたよ (^O^)


 ☆作り方☆


 ★材料(2人分)
 ネギ・・・・・50g
 板湯葉・・・20g  ※割れ湯葉で充分です。
 だし汁・・・・50ml
 白味噌・・・大さじ1杯半
 砂糖・・・・・大さじ2分の1杯
 酢・・・・・・・大さじ1杯

 ネギは根元から入れてさっと茹で、ザルに取り3cm長さに切ってごく軽く水気を絞ります。
PB130117.jpg

 小鍋に出し汁を沸かし、板湯葉を割り入れて柔らかくなったら火を止めしばらく置き、汁気を切ります。
PB130120.jpg PB130121.jpg

3 ボウルに白味噌と砂糖を入れて混ぜ、酢を加えて伸ばし、①と②を入れて和えます。
PB130122.jpg

 クルミは皿に広げ、レンジで1~2分加熱してカリッとさせ、食べる直前に③に加えて混ぜます。
PB130125.jpg





 上田湯葉さんと上田とうふさんの関係がイマイチ判りません。

 桂と大原野で、両方とも京都の西の方、

 近いと言えば近いし、名前もいっしょやし・・・

 同じ系列やろか・・・


 


 あと、納豆入り玉子焼き

PB130145.jpg





 牡蠣のオイル漬けとオニオンスライス

PB130146.jpg

 レモンを絞って・・・







 先日、息子ちゃんの友達のご両親からいただいた、

 キリン一番搾りの「京都づくり」

PB130153.jpg


 限定醸造やそうです ヽ(^。^)ノ




 美味しいビールと美味しいお豆腐、

 これだけで幸せでございますー 




PB130140.jpg








 姉が買うて来てくれた和菓子

PB120104.jpg PB120116.jpg


 京都の老舗「鶴屋吉信」さんの「栗まろ」・・・

 栗がごろっと入ってます💛



 和三盆のお干菓子

PB120110.jpg PB120114.jpg


 この手のお干菓子は

 「おちょぼ」とか「おちょま」とか、

 色んな和菓子屋さんが出したはります ヽ(^。^)ノ

 口の入れるとすぅ~っと溶けて、

 美味しいです!







 
 金曜日に東京に居る叔母(母の妹)が亡くなりました。

 母より1歳年下で90歳でした。

 最近は車椅子生活で、

 長らくご無沙汰していたので亡くなったという実感が湧きませんが・・・


 叔父も含め、3人でもっと長生きしてもらいたかったです。

 寂しいですね。。。




 ほな、今日はこのへんで。

 

 








 

ブログランキングに参加しています。
励みになりますので、三箇所ポチッと応援よろしくお願いいたします。

レシピブログに参加中♪

パーティーレシピ ブログランキングへ

コメント

京都尽くしのアテが勢揃いですね。
京都で頂くお豆腐は何故だか美味しいです。
東京だって負けて居ないはずなのに(笑)
来月は四条の大丸の近くのホテルに泊まりますが、あの辺りだと錦市場がお買い物には一番手っ取り早いかしら?
毎回錦には行くのですが、イマイチ何を買ったらよいかわからなくって。
最近はちりめん山椒は「はれま」や伏見稲荷辺り、お漬け物は伊勢丹で買ってしまうので、錦ではちりめんじゃこや湯葉くらいかな?
湯葉もどんなものを買ったら使い易いのかわからなくって。
板湯葉と言うのがよいのでしょうか?
何か京都らしい日常的に使える食材や、お勧めのお店があったら教えてくださいね。

90才と言えば大往生でしょうが、お幾つになっても寂しいものですね。
我が家は姑を一昨年105才で亡くし、今年三回忌を終え、やっと姑の居ない生活に慣れたところです。
最期の10日は入院しましたが、あとは10数年自宅介護でした(しっかりしていたので実質は5年位)それでも何だか気が抜けたようになりましたね。
お母様も叔父様もお元気のご様子(介護の大変さは分かります)どうぞ、何時までもお元気でいらっしゃいますように。
長いコメント失礼しました。
2016/11/14(月) 13:11:03 | URL | kei  [編集]
keiさん★

大丸の近くにお泊りなんですね!

そうですね、錦が近いので手っ取り早いとは思いますねぇ。
でも、たまに錦に行ってもお野菜なんかすごくお高くて・・・
「打田漬物」さんのお漬物だけ買って帰ることが多いです。
ここの長芋のお漬物が好きで・・・(他のお漬物も美味しいです!)

お野菜やお魚は中央市場の2~3倍してる物もあります (+o+)
ここから錦へ行くのにね ( 一一)

湯葉はやっぱり生湯葉や汲み上げ湯葉が好きでよく買いますが、
日持ちしないので長期保存できる板湯葉も家に置いてます。
製造元だと割れ湯葉がたくさん入って500円とかで売っているので (^-^;

最近お持たせにして喜ばれたのが、「野村佃煮」さんの「混ぜご飯の素」・・・
ちりめん湯葉とちりめんたけのこがあるんですが、炊いたご飯に混ぜるだけで便利やし、
美味しいし日持ちもするので皆さんすごく喜ばれます。
錦市場にもお店があります。

和菓子がお好きなら、「仙太郎」さんのぼた餅や老玉、最中も根強い人気がありますね。
大丸、高島屋、伊勢丹に入ってます。本店は四条寺町を南へ下がったところです。

あんまり最近のことが分からなくて大して参考にもならずごめんなさいね (._.)
なにせ、古い人間ゆえ新しいことが・・・(*_*;

お義母さま、105歳だったんですね。
最後まで介護され、ほんとにお疲れ様でした。
でも、大往生とは言えお身内にとっては寂しいものですよね。

うちの母は認知症があるので大変ですけど、
周りでフォローしながらもなんとか一人で頑張ってくれています。
やっぱりまだまだ長生きしてほしいものです。
2016/11/14(月) 19:06:27 | URL | jamkichi  [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/11/14(月) 21:14:20 | |   [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://kerochan23.blog.fc2.com/tb.php/1397-ac573270

ランキング

ぽちっと応援お願いいたします。




レシピブログに参加中♪


パーティーレシピ ブログランキングへ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

jamkichi

Author:jamkichi
職 業:主婦 
出身地:京都市
血液型:AB型
家族 :夫、柴犬のジャム、近くに新婚の息子夫婦 

料理の事
 祖母や母の代から手料理でおもてなしという家庭で育ちました。半ば義務的な空気の中で、お料理に関しては、大好きという気持ちが7割弱、めんどくさ~いという気持ちが3割強、のツンデレ状態です。でも、綺麗に美味しく出来上がったとき、皆さんに喜んで頂いたときの快感が忘れられず、また頑張ろうと思うのです。やっぱりデレなのでしょうね。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログカテゴリ

  • 春のおもてなし料理(65)
  • 一品料理(28)
  • 夏のおもてなし料理(69)
  • 一品料理(44)
  • 秋のおもてなし料理(16)
  • 一品料理(9)
  • 冬のおもてなし料理(15)
  • 一品料理(8)
  • オールシーズン(23)
  • 普段の食事(460)
  • 和食(275)
  • 洋食(133)
  • 中華(43)
  • 行事食(21)
  • パーティー料理(44)
  • 外  食(64)
  • その他(120)
  • レシピ(706)
  • 具材・種類別(17)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック