お慶さんのおもてなし料理日記

料理屋さん気分で和食のおもてなし料理レシピを京都から配信します。行事食やパーティー料理、老舗の名店の味、もちろん普段の食事もあります。

乾しいたけの海老ミンチ詰め(裏白しいたけ)  作り置きOK!おせちにも使えます♪(早っ!)


 おはようございます!



 一昨日、昨日と朝晩は涼しくて、

 朝晩だけでもこのまま涼しくなってくれたらなー

 と甘い考えがよぎります (^-^;


 そんなに甘くはないよ! 最近の日本の夏!

 特に京都はねぇ・・・・・(*_*;




 レシピブログさんの

 「宮崎産乾しいたけ&新米宮崎コシヒカリ」のモニターで戴いた乾しいたけ、

 昨日は海老と鶏のミンチを使って・・・・



 乾しいたけの海老と鶏のミンチ詰め(裏白しいたけ)

P8110311.jpg



 裏白しいたけと言って、

 我が家ではおもてなしやおせちに使う一品です。


 普段は生しいたけで作るんですけど、

 せっかくなので乾しいたけで贅沢に!!!




P8110308.jpg


 ☆作り方☆



 ★材料(8個分)
 乾しいたけ・・・・・・・8枚
 鶏ミンチ・・・・・・・・・100g
 海老・・・・・・・・・・・・50g
 片栗粉・・・・・・・・・・適量
 溶き卵・・・・・・・・・・2分の1個~3分の1個 分
  酒、塩・・・・・・・・・少々
  片栗粉・・・・・・・・小さじ2杯
  椎茸の戻し汁・・・2カップ
  薄口醤油、みりん、砂糖・・・各大さじ1杯
 
 
 乾しいたけはかぶる程度の水に浸けて一晩おきます。(5~8時間)

 海老は殻と尾を取り、包丁でたたいてミンチ状にし、鶏ミンチとAを加えて混ぜ、溶き卵を少しずつ加えながら硬さを調整し、粘りが出るまでよく混ぜます。
P8100192.jpg P8100195.jpg

 ①のしいたけの軸を切りって水気を拭き、内側に刷毛で片栗粉をまぶし、等分した②を詰めて表面を指で丸くならします。
P8100194.jpg P8100197.jpg

 ③をしいたけを下にして170度の油に入れ、両面を色づく程度に揚げます。(丁寧に作る場合は、揚げた後、熱湯を掛けて油抜きします)
P8100199.jpg P8100200.jpg

 鍋にBを煮立てて④を入れ、時々裏返しながら30分程度コトコト煮てそのまま冷まします。
P8100201.jpg


 
 時間のないとき、手を抜きたいときは・・・・・^-^;

 ④の行程を省いて、揚げずに煮てもダイジョーブで~す \(^o^)/


 ただ、揚げた方が形がこんもりするのと、

 コクが出てやっぱり美味しい気はします。

 味に敏感な人は違いに気付くかもしれませんけど・・・・

 手間の掛かり方の違いが大きいので、

 時間が無いときは揚げなくても十分やと思います (^-^;




 しいたけの戻し汁を使うので

 出汁の旨みがスゴイです!




P8110304.jpg




 宮崎の美味しい新米、つやつやご飯と一緒に・・・・

 甘辛くしっかりしたお味なので、ご飯が進みます!!!




P8090130.jpg


夏おかずの料理レシピ
夏おかずの料理レシピ


【レシピブログさんの「宮崎産乾しいたけ&新米宮崎コシヒカリ」モニター参加中です!】



 宮崎の乾しいたけはカラダにも良くてほんまに美味しいです!!!

 しいたけって、干すと何でこんなに美味しいんやろね!?

 大好きです💛



 美味しいよー!!!







 オリンピック、水泳見ながら書いてたので、

 ブログが全然進みませんでした~ (-_-)

 金、銀やりましたねー!!!


 ほな、今日はこのへんで。



 よろしゅうおあがりやす!

 



 

 




 

 

ブログランキングに参加しています。
励みになりますので、三箇所ポチッと応援よろしくお願いいたします。

レシピブログに参加中♪

パーティーレシピ ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント(必須)
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://kerochan23.blog.fc2.com/tb.php/1322-b3d59a56

ランキング

ぽちっと応援お願いいたします。




レシピブログに参加中♪


パーティーレシピ ブログランキングへ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

jamkichi

Author:jamkichi
職 業:主婦 
出身地:京都市
血液型:AB型
家族 :夫、柴犬のジャム、近くに新婚の息子夫婦 

料理の事
 祖母や母の代から手料理でおもてなしという家庭で育ちました。半ば義務的な空気の中で、お料理に関しては、大好きという気持ちが7割弱、めんどくさ~いという気持ちが3割強、のツンデレ状態です。でも、綺麗に美味しく出来上がったとき、皆さんに喜んで頂いたときの快感が忘れられず、また頑張ろうと思うのです。やっぱりデレなのでしょうね。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブログカテゴリ

  • 春のおもてなし料理(60)
  • 一品料理(26)
  • 夏のおもてなし料理(61)
  • 一品料理(41)
  • 秋のおもてなし料理(14)
  • 一品料理(9)
  • 冬のおもてなし料理(14)
  • 一品料理(7)
  • オールシーズン(20)
  • 普段の食事(380)
  • 和食(240)
  • 洋食(98)
  • 中華(33)
  • 行事食(20)
  • パーティー料理(37)
  • 外  食(61)
  • その他(113)
  • レシピ(706)
  • 具材・種類別(17)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック